TAKEZO


ad takezo

ブランドヒストリー



『TAKEZO』は豊口武三が提案する、カジュアル・ビジネスブランド『TAKEZO TOYOGUCHI』 TAKEZOのベースカラーにのせてTAKEZOが感じる「今」を肉体的に精神的にナチュラルに表現。メフィスティケートされた20〜40才代の個性的かつ知的な人のためのタウンコーディネートシューズ。肉体的・精神的に優しくナチュラルそしてアバンギャルド。それは1982年のブランドデビュー以来、一貫したTAKEZOの基本コンセプト。素材やカラーなどに一貫性を持ち心身共に履き心地の良いもの造りを追求してまいります。
1998年ブランドロゴとイメージを一新し、「SLEEK&SEXY」をテーマに
ヤングカジュアルラインに展開を変更。

開発コンセプト



都会生活の中で自然な生き方
ON&OFF両方を兼ね備えた展開
価値・デザイン・品質のバランス

商品について



ターゲット:20代〜30代
販売上代:オープン価格
サイズ展開;25〜27cm
(デザインにより展開サイズは異なる)

トップに戻る